Muchos pocos hacen un mucho. スペイン語のレベルアップをめざします。
NHK WORLD Spanish のニュースの中から、気になる記事を紹介します。
今日のテーマは、「京都・千本釈迦堂で『大根焚き』」です。

12月7日(土)、8日(日)の2日間、京都市の千本釈迦堂で「大根焚き(だいこだき)」が行われました。

「大根焚き」は、無病息災を願って大きな釜で炊いた大根を食べる京都の師走の風物詩。
釈迦が悟りを開いたことを祝う行事で、鎌倉時代に始まったとされています。

境内に直径およそ1メートルの大きな釜がいくつも並べられ、昆布でとった出汁で大根と油揚げが炊き上げられるとのこと。
一杯1000円で、2日間で1万5000杯ほどが振る舞われたそうです。

寒い時に食べる熱々の大根と油揚げ。
お出汁が染みておいしいだろうなぁ。
記事を読んで、今夜のおかずはふろふき大根にしようかな……と思いました。

それでは記事に入ります。

(Sábado, 7 de diciembre)
Templo budista en Kioto celebra evento tradicional por la salud de los fieles
京都の寺で信者の健康を願う伝統的な行事が催される

Un templo budista en Kioto está celebrando su tradicional evento de fin de año en el que sirve rábano japonés, o daikon, cocido, a manera de plegaria por la salud de los fieles.
京都の寺で、信者の健康を祈願して、大根を炊いて振る舞う伝統的な年末の行事が行われている。

El evento, llamado Daikodaki, que se celebra en el templo Senbon Shakado, conmemora el despertar espiritual de Buda y se dice que tiene una antigüedad de aproximadamente siete siglos. Se lleva a cabo el 7 y el 8 de diciembre de cada año dentro de este recinto religioso.
「大根焚き」と呼ばれるこの行事は、釈迦が悟りを開いたことを記念して千本釈迦堂で開催され、およそ700年の歴史があるといわれている。大根焚きは毎年12月7日と8日にこの寺の境内で行われる。

El sábado, se cocinaron rodajas de daikon con abura-age, o tofu refrito, en ollas gigantes de un metro de ancho. Por la mañana, la gente, desafiando la gélida temperatura, hizo largas colas con el fin de comprar un tazón del plato caliente.
土曜日、大根の輪切りと油揚げ(二度揚げされた豆腐)が、直径1メートルの大きな鍋で炊き上げられた。人々は凍てつくような寒さをものともせず、朝から長い列を作って熱々の大根焚きが入った椀を購入していた。

Aproximadamente 15.000 tazones se sirven durante el evento de dos días de duración.
行事が行われる2日間で1万5000杯ほどが振る舞われる。

FC2blog テーマ:スペイン語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2019/12/16 08:00】 | 気になる記事を読んでみよう
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可