Muchos pocos hacen un mucho. スペイン語のレベルアップをめざします。
4月に引っ越しをすることがほぼ(90%くらい)決まりました。
転居先は関西方面の予定です。
今は荷造りを少しずつ始め、引っ越し業者に見積もりの依頼をしている段階です。
(ただ、転居先の住所が全く決まっていないため、ざっくりと予約……な感じです)

ここ数年、3月下旬から4月上旬にかけての引っ越しが、引っ越し業者の人手不足により難しくなっているため、既にちょっと焦っています。
4年前に神戸からこちらに来るときも、2月上旬に見積もりを依頼したら、「その時期はもう一杯で、人手が足りなくて」と、見積もりすら無理だった業者もあったので、とにかく業者が決まってくれるまでは気持ちが落ち着きません。
無事に引っ越しができますように……。


さて、今日は、昨年12月中旬に刊行された本『スペイン語で味わう宮沢賢治作品集』を紹介します。

  
スペイン語で味わう宮沢賢治作品集 

宮沢賢治の代表的な童話4作品(注文の多い料理店・オツベルと象・雁の童子・やまなし)と、詩4作品(あすこの田はねえ・永訣の朝・松の針・雨ニモマケズ)が収録されています。
全作品、左ページにスペイン語、右ページに日本語が掲載されていて、それぞれの作品をスペイン語と日本語で楽しむことができます。





ところどころに切り絵風の挿絵が入っています。
また、冒頭には、宮沢賢治の直筆原稿などの資料が掲載されています。
ただ、注釈はほとんどなく、文法に関する説明などもないので、文法を一通り学んだ後に読むことをお勧めします。

この本には、訳者であるエレナ・ガジェゴさんの朗読CDがついています。
音声の収録時間は1時間9分ほど。
収録されている作品は、童話2作品と詩4作品(注文の多い料理店・雁の童子・あすこの田はねえ・永訣の朝・松の針・雨ニモマケズ)。
童話2作品(オツベルと象・やまなし)の音声はありません。
朗読スピードはそれほど遅くありませんが、めちゃくちゃ速くもありません。
単語がしっかり聞き取れる程度です。

宮沢賢治の作品集の対訳本が出るのは初めてのことなので、興味のある方は、ぜひ書店などで手に取ってみてください。


※引っ越しを終え、新居に落ち着くまで、しばらくブログの更新をお休みします。
宮城県、冬は寒いですが雪が少なくて、夏も住みやすくて良かったんですけどね。
食べ物もおいしかったし……(味噌ラーメンとか、関西では食べられない味でした)。
なんだかちょっと寂しいです。
荷造り&いろいろ手続き等、頑張ります。

FC2blog テーマ:スペイン語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/01/15 08:00】 | Libros (本)
|
NHK WORLD Spanish のニュースの中から、気になる記事を紹介します。
今日のテーマは、「冬至にカピバラがゆず湯を楽しむ」です。

12月22日(日)は冬至でした。
これから徐々に昼の長さが長くなっていくと思うと、(寒さはこれからまだ厳しくなりますが)ちょっと気持ちが明るくなります。

日本では、江戸時代頃より冬至にゆずを浮かべた湯船に入浴する習慣があり、「冬至の日にゆず湯に入ると、風邪を引かない」といわれます。
ゆずの芳香成分であるリモネン、シトラール、ピネンには、血管を拡張させて血行を促進する作用があり、身体を温め、風を予防する効果があります。
また、美肌、リラックス効果も期待されるとのこと。

そしてこの時期、全国各地の動物園などで、カピバラがゆず湯につかったというニュースが話題になっています。
NHK WORLDのスペイン語版でも、栃木県那須町の動物園「那須どうぶつ王国」のカピバラ達がゆず湯につかったニュースが取り上げられていたので紹介します。

南米原産のカピバラは、寒さに弱く、ゆず湯を用意すると喜んで入るのだそう。
(そして大抵、カボチャやリンゴなどが一緒に浮かべられ、カピバラ達はそれらを喜んで食べるのだそうです)

20191222002.jpg
(NHK WORLDより)

この時期ならではの風物詩。
カピバラだけでなく、私達も、温かくして冬を乗り切りたいですね。

それでは記事に入ります。

(Domingo, 22 de diciembre)
Un zoológico del norte de Japón prepara su habitual atracción de fin de año: un baño aromático para capibaras
北日本の動物園で年末の恒例行事、カピバラにゆず湯を用意

En Japón es tradición echar en el agua un cítrico llamado "yuzu" para darse un baño aromático en el solsticio de invierno, y a esta práctica se suma cada año el Reino Animal de Nasu, un zoológico del norte del país. Este domingo y el lunes, los visitantes pueden ver a unos capibaras en pleno baño.
日本では、冬至に「ゆず」という柑橘類を湯船に入れて芳香浴を楽しむ伝統があるが、北日本の動物園「那須どうぶつ王国」でも、毎年このゆず湯が行われている。今週日曜日と月曜日、来園者はゆず湯につかるカピバラを見ることができる。

Por esta época del año, el zoológico llena una bañera con agua proveniente de unos baños termales de la zona e introduce en ella unos 200 "yuzus". Así, los capibaras, que son originarios del río Amazonas, pueden entrar en calor. Pero, además de disfrutar del baño caliente, los animales degustan también una ración extra de manzanas y calabazas, unos de sus alimentos favoritos, mientras los visitantes no pierden la ocasión de inmortalizarlos con sus cámaras.
1年のこの時期、動物園では地元のいくつかの温泉から湯を引いて浴槽に満たし、およそ200個の「ゆず」を浮かべる。これにより、アマゾン川原産のカピバラ達は温まることができる。一方で、カピバラ達は温かい湯を楽しむだけでなく、ゆずと一緒に浮かべられた好物のリンゴやカボチャをかじる姿も見せており、来園者はすかさずその様子を写真に収めていた。

今年のブログの更新は今日が最後です。
年末年始は、北海道の実家で過ごす予定です。
そして年が明けたら、春の引っ越し(8割方確定です。場所はまだわかりませんが)に向けて本格的に準備を始める予定です。
そのため、しばらくブログの更新をお休みします。
(万が一引っ越しがないことがわかったら、何もなかったような顔をして戻ってきます(笑))

今年も1年間ブログをご訪問くださり、ありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。
皆様良いお年をお迎えください。

まとめコーナーに12月の記事をまとめたものをUPしました。
 記事をまとめてご覧になりたい方はお使いください。


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:スペイン語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2019/12/25 08:00】 | 気になる記事を読んでみよう
|
再読しているパウロ・コエーリョ著 "Como el río que fluye" の中から、不定期にお気に入りの短い話を紹介するシリーズ(これまで紹介したお話はこちら)、今回のタイトルは "La vieja en Copacabana"(コパカバーナの老婦人)です。


その老婦人は、バイオリンと、「一緒に歌いましょう」と手書きで書いたポスターを持って、アトランティカ・アベニューの歩道に立っていた。

Empezó a tocar sola. Después llegó un borracho y otra viejecita y se pusieron a cantar con ella. Al cabo de poco, una pequeña multitud cantaba y otra pequeña multitud hacía de público y aplaudía al final de cada número.
老婦人は、ひとりでバイオリンを弾き始めた。すると、ひとりの酔っぱらいと、別の老婦人がやってきて、彼女と一緒に歌い始めた。間もなく、何人かの人達が歌い出し、別の何人かが聞き手になって、曲が終わるたびに拍手を送っていた。

「どうしてこんなことをしているのですか?」
曲の合間に老婦人に尋ねてみた。

-Para no quedarme sola-dijo ella-. Mi vida es muy solitaria, como la de casi todos los viejos.
「ひとりぼっちにならないためよ」と、彼女は答えた。「年を取るとだいたいみんなそうなるのだけれど、私の毎日はとても寂しいの」

Ojalá todo el mundo decidiera resolver sus problemas de ese modo.
みんなが自分の問題をこんなふうに解決しようと思えたらいいのに。


……というお話。

正直、一回読んだだけでは、「こんなふうにってどんなふうに?」となかなかピンと来ないのですが、何度か読んで考えると、
「寂しさを癒すためには、自分から動いて人とつながることが大事」とか、
「問題をひとりで抱え込まないで、誰かに助けを求めるのがいいよ」とか、
「自分からきっかけを作れば、声をかけてくれる人はきっといるよ」とか、
いろいろ寓意的なことが浮かんできます。

まぁでも実際にひとりで通りに立ってバイオリンで弾き語りとかするのは非常にハードルが高いですし(国民性もあると思いますが)、まわりの見知らぬ人に積極的に話しかけていくには外向的な性格じゃないとちょっと難しそうな気もします。
あぁ、「まわりの人に声をかける勇気を持とう」というのなら少しわかるかな。

このお話は自分の中ではまだ少し消化不良なのですが、ある程度(何年か)時間がたった時に再読したら、また感じ方が変わるのかな~なんて思っています。

さて、"Como el río que fluye"の中からお気に入りの短い話を紹介するシリーズは、今回で最後です。
この本の中には、他にもいろいろ考えさせられる話や、ここでは紹介しませんでしたが、絵本『雲と砂丘の物語』↓の元となった"La nube y la duna"というお話も入っています。

   
   雲と砂丘の物語

一話がだいたい半ページから3ページくらいで短く、文章もそれほど難しくないので、気になった方はぜひ読んでみてください。
日本語版が出ていないのが残念。
いつか出てくれることを願っています。
(ハードカバーでしっかりしたのがいいな)

FC2blog テーマ:スペイン語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2019/12/23 08:00】 | Como el rio que fluye より
|
NHK WORLD Spanish のニュースの中から、気になる記事を紹介します。
今日のテーマは、「東京五輪聖火リレーの詳細発表」です。

12月17日(火)、2020年東京オリンピックの聖火リレーの詳細が発表されました。

聖火は、来年3月12日にギリシャのオリンピアで採火式が行われた後、3月20日に宮城県東松島市の航空自衛隊の基地に到着し、まず「復興の火」として宮城、岩手、福島で2日間ずつ展示されます。

そして3月26日に、福島での原発事故の廃炉作業の拠点となったサッカー施設「Jヴィレッジ」をスタートして国内でのリレーが始まります。

聖火リレーは、およそ4か月、121日間をかけて全国のおよそ半数の858の市区町村で実施されます。

各都道府県の中の詳細なルートは、組織委員会の公式ウェブサイトで確認できるので、興味のある方はご覧になってみてください。
サイトの下の方にある「東京2020オリンピック聖火リレー各都道府県実施日一覧」から、各都道府県のルートマップを見ることもできます。

聖火リレー開始までおよそ3か月。
始まったら、今日はどこからどこまでリレーが行われた、誰が走った、こんなエピソードがあった……等々、毎日日本中をニュースが飛び交いそうですね。
なんだかちょっと楽しみです。

それでは記事に入ります。

(Miércoles, 18 de diciembre)
Anuncian detalles del relevo de la antorcha olímpica
オリンピック聖火リレーの詳細発表

El Comité Organizador de los Juegos Olímpicos de Tokio 2020 ha dado a conocer detalles del relevo de la antorcha olímpica hoy martes, cuando faltan cien días para el inicio de la ruta.
2020年東京オリンピックの大会組織委員会は、聖火リレーのスタートまで100日となった今日火曜日、リレーの詳細を発表した。

Durante el recorrido, de 121 días de duración, la antorcha pasará por 858 municipios repartidos por casi la mitad del territorio japonés. Se encenderá en Olimpia (Grecia) el 12 de marzo; llegará a Japón el día 20 de ese mismo mes, a una base de la Fuerza Aérea de Autodefensa en la prefectura de Miyagi. Primero, la llevarán a las tres prefecturas más afectadas por el terremoto, el tsunami y el accidente nuclear de 2011, donde estará expuesta dos días en cada una de ellas.
聖火リレーは121日間かけて行われ、この間、聖火は日本全国のおよそ半数の858市区町村を通過する。聖火は3月12日にギリシャのオリンピアで採火され、同月20日に日本の宮城県の航空自衛隊の基地に到着する。最初に、2011年の地震と津波、原発事故で最も被害を受けた3つの県に運ばれ、それぞれの県で2日ずつ展示される。

El relevo dará comienzo el 26 de marzo en J-Village, en la prefectura de Fukushima. Este complejo deportivo se utilizó como base de operaciones durante el desmantelamiento de la central nuclear Fukushima Uno.
聖火リレーは3月26日に福島県の「Jヴィレッジ」でスタートする。この総合スポーツ施設は、福島第一原子力発電所の廃炉作業の拠点として使用された。

Durante algunos tramos, la antorcha se transportará de forma original: por tren, barco, teleférico y a caballo.
いくつかの区間では、聖火は鉄道、船、ロープウエーや馬などを用いた特殊な方法で運ばれる。

En la prefectura de Iwate, viajará a bordo de la línea Rías, del Ferrocarril de Sanriku, reconstruida tras los daños sufridos en 2011.
岩手県では、2011年に被災し、その後復旧した三陸鉄道リアス線に乗せて聖火が運ばれる。

El Comité Olímpico y los Gobiernos de las prefecturas darán a conocer más adelante los horarios y detalles de los actos en cada punto.
大会組織委員会や各都道府県では、今後、リレーの各区間の実施時刻やセレモニーの詳細について公表していく予定である。

FC2blog テーマ:スペイン語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2019/12/20 08:00】 | 気になる記事を読んでみよう
|
NHK WORLD Spanish のニュースの中から、気になる記事を紹介します。
今日のテーマは、「吉野彰さん、スウェーデンでノーベル化学賞受賞」です。

10月に紹介した記事 vol.442 「吉野彰さん、ノーベル化学賞を受賞」の続報です。

今年のノーベル賞の授賞式が日本時間の12月11日(水)、スウェーデンのストックホルムで行われ、化学賞に選ばれた吉野彰さんにスウェーデン国王から記念のメダルと賞状が贈られました。

吉野さんはリチウムイオン電池開発の功績が認められ、アメリカのジョン・グッドイナフさん、イギリスのスタンリー・ウィッティンガムさんと同賞を共同受賞。
授賞式を終えた後には、妻の久美子さんと共に晩餐会に出席しました。

リチウムイオン電池の開発により、世界の人々の生活が変わり、ITなどの産業が大きく発展しました。
身近でいつもお世話になっている物だけに、日本人の開発者がノーベル賞という世界的な賞を受賞できたことをしみじみ嬉しく思います。

それでは記事に入ります。

(Miércoles, 11 de diciembre)
El científico japonés Akira Yoshino recibe el Premio Nobel de Química en Suecia
日本人科学者の吉野彰さん、スウェーデンでノーベル化学賞を受賞

El científico japonés Akira Yoshino, uno de los ganadores del Premio Nobel de Química de este año, ha recibido el galardón en una ceremonia celebrada en Estocolmo.
今年のノーベル化学賞の受賞者のひとり、日本人科学者の吉野彰さんが、ストックホルムで行われた授賞式で賞を授与された。

Yoshino, el estadounidense John Goodenough y el británico Stanley Whittingham recibieron sus respectivos diplomas y medallas el martes de manos del rey Carlos Gustavo de Suecia.
吉野さんとアメリカのジョン・グッドイナフさん、イギリスのスタンリー・ウィッティンガムさんは、火曜日、スウェーデンのカール・グスタフ国王から、それぞれ賞状とメダルを手渡された。

Un miembro del comité que otorga los Premios Nobel declaró que los revolucionarios descubrimientos de los tres científicos han sido grandes logros beneficiosos para la humanidad que han propiciado el desarrollo de las baterías de iones de litio.
ノーベル賞選考委員会の委員が、「3人の科学者の革新的な発見は、リチウムイオン電池の発展をもたらした。人類のためになる偉大な業績だ」と述べた。

Yoshino es el 27.º japonés que recibe un Nobel, entre ellos dos compatriotas que obtuvieron la nacionalidad estadounidense. En lo que respecta a la categoría de química, han sido ocho los galardonados.
吉野さんは、アメリカ国籍を取得した2人を含めて、日本人で27人目のノーベル賞受賞者である。化学賞では8人目となる。

FC2blog テーマ:スペイン語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2019/12/18 08:00】 | 気になる記事を読んでみよう
|